1965 FLH

写真

エレクトラグライドチョッパー

パンヘッドのラストイヤーモデルである1965年式FLH、エレクトラグライドをベースに製作された新井さんのマシン。このモデルから12V電装が採用され、現代オートバイとしての基本的な機能が備わったと言える。エレクトラグライドのパンヘッドエンジンの特徴はシリンダーの外に配されたオイルラインとスムースタイプのカムカバーである。

写真

そんなベースモデルを軽快なチョッパーに仕立て上げたコチラのマシン。フロントには21インチホイールを装着し、タンクは軽快な印象のスポーツスタータンクをチョイス。エアクリーナーは定番のS&Sティアドロップタイプ、マフラーはスラッシュカットのドラッグパイプが取り付けられている。スポーツスタータンクにはオリジナルのエレクトラグライドと同デザインのエンブレムが配されているところもポイントである。

Machine Detail Check!

写真

2.25ガロンのスポーツスタータンクにエレクトラグライドのエンブレムを装着している。

写真

スムースタイプのカムカバーが見た目の最大の特徴となる1965年式パンヘッドエンジン。

写真

オープンベルトドライブ化されたプライマリーにロッカークラッチ&ジョッキーシフトという定番のセッティング。

 

OWNER

新井 勇さん 45歳

住所:東京都 職業:会社員

Photo: Hiroaki Tanaka