メイン画像

写真

確信犯的バランス

愛知県豊川市のJAM’S GARAGEが手掛けたナックルヘッドチョッパー。店主の新美佳昌ならではの金属造型へのこだわりが詰め込まれた車両である。フェンダーストラットやチェーンガードの造型、スロッテッド加工が施されたシフターやブレーキペダル、さらにヘッドライトブラケットなどに個性が存分に投影されている。

 

オーナーが最も拘ったという、絞り込まれたミディアムエイプの造型も然り。非常に細かいディテイルであるが、ハンドルバーの立ち上がりの部分に設置された補強を兼ねたサポート部にもスロッテッドが施されている。この徹底した作り込みがJAM’S GARAGEの仕事の特徴と言える。ピンポイントで取り付けられたエッグタンクにサイクルフェンダー、サドルシートの取付け角度ひとつなどを見ても、決して偶然では為し得ない均整の取れたスタイリングにまとめられている。「チョッパーとは何たるか」を知り尽くした玄人好みの車両と言える。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    1945年式のナックルヘッドモーター。エンジンの個性が強いだけに、車両はシンプルに仕上げられている。マフラー造型も最小限のものである。

  • 写真

    拘りのミディアムエイプバー。ヘアライン仕上げでマットな質感に仕上げられている。ハンドル立ち上がり部のサポートに注目されたし!

  • 写真

    錆が浮き上がったスプリングフォークも、もちろん狙いである。この写真からヘッドライトブラケットの凝った作りも確認頂けるはずである。