1960 FLH

写真

33.4mmのこだわり

1960年式のパンヘッドをリジッドフレームに換装したチョッパー。F21/R16インチタイヤを装着したオーセンティックな車両に仕上げられている。オーナー石島さんのこだわりポイントはフロントに取り付けられた33.4mmフォークである。おそらくドラムブレーキとアッセンブリーでショベルスポーツから移植されたものだろう。タイトなチョッパーを製作するには必須のフォークと言える。

 

写真

ピーナッツタンクにリブフェンダーというエクステリアもシンプル極まりない。ソリッドブラックのカラーリングも然り。タックロールタイプのキング&クイーンシートにシッシーバーを組み合わせチョッパーの王道的なルックスを加速させている。マフラーはセパレートタイプのストレートパイプ。スラッシュカットされたエンド部がシャープな印象である。このたくさんの荷物からも分かる通り、まさに旅が似合うオートバイだ。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    アッセンブリーでショベルスポーツから移植された33.4mmフォークとドラムブレーキ。このタイトなフォルムはならではのものだろう。

  • 写真

    1960年式の後期パンヘッドモーター。キャブレターは純正のリンカート、デスビはオートアドバンスに換装されている。

  • 写真

    プライマリーはあえてストックのクローズドタイプもまま。シフトはロッカークラッチ&ハンドシフトというチョッパー定番のセッティング。

 

OWNER

MAKOTO ISHIJIMA
石島真さん 41才

住所:神奈川県