メイン画像

写真

「何もない」、存在感

ワールドワイドに活動するCUSTOM WORKS ZONの手により製作されたEVOリジッドチョッパー。手間暇を惜しまない徹底したハンドメイドにこだわり、CWZ特有のエキセントリックなスパイスが散りばめられたカスタムマシンに仕上げられている。しかし走りをスポイルしないことが同店のマナーでもある。確かな技術に裏打ちされた「走るチョッパー」。CWZの神髄はこのポイントに集約されている。

 

このマシンで、まず目に飛び込んでくるのはハイマウントされたワンオフタンクだろう。その造形的な個性はもちろんのこと、エンド部がオイルタンクになっていることに注目して頂きたい。銅管を使って製作されたオイルラインも大きな見せ場となっている。オイルタンクの移設によりシート下に空間を生み出し、チョッパーテイストが加速。フレームにダイレクトマウントされるレザー製サドルシートのシンプルなフォルムと相まって、「何もない」シート下の存在感が際立っている。その他マフラー形状や、リアフェンダー加工など、見所が尽きないマシンである。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    スカイブルーメタリックベースにイーグルが描かれたフューエルタンク。エンド部はオイルタンクとなっている。銅管のオイルラインに注目!

  • 写真

    シャープなレザー製サドルシート。極厚のサドルレザーは使い込むほどに味が増す。サイクルフェンダーにはスロッテッド加工が施されている。

  • 写真

    鋭角的に取り回されたワンオフ製のマフラー。エンド部を少し下方へ向け、特徴あるフォルムを形成している。このカタチは独創的なものだ。