メイン画像

写真

走りに特化したダイナ

数多くのラインナップを誇る現行ツインカムモデルであるが、その中でも走りを強く意識したモデルと言えば、やはりダイナであろう。そんなダイナモデルをベースにモディファイが加えられたマシンを紹介しよう。ベースモデルの素性を生かし、走りに特化したカスタムメニューで構成されいる。「全部がこだわりです」というオーナー小山さんの言葉通り、緻密にカスタムが施されている。ではその代表的なポイントを解説して行こう。

 

エーデルブロックのシリンダーヘッドが組み込まれたTCモーターに、サンダンスチューンのFCRキャブを装着。フロントフォークのインナーチューブはDLC処理が施されている。前後ミスミ製5スタービレットホイールにブレンボキャリパー、オーリンズ製ショックアブソーバーが取り付けられている。軽快にカットされたリアフェンダーがエクステリアのポイントであるが、決して大きく主張することなく溶け込んでいる。トータルでのバランスが高い次元で保たれている証拠である。見逃してしまいそうだが、バッテリーカバーの形状にも注目していただきたい。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    スピードを予感させるシンプルなミスミ製5スタービレットホイール。フォークスライダーもブラックアウトとし、質感が統一されている。

  • 写真

    ハイパフォーマンスの証と言える、エーデルブロックのシリンダーヘッドが組み込まれている。オーナー曰く、「速くて乗り易いダイナ」。

  • 写真

    ミスミ製、ホイールにローター、プーリーが取り付けられた豪華な足周り。オーリンズ製ショックにブレンボ製4ポットキャリパーも然り。