メイン画像

写真

EVOミニマルチョッパー

エボリューションエンジンを搭載したファットボーイをベースとしコンパクトチョッパーに仕立てられたこちらの車両。手掛けたのは群馬県藤岡市のK&M MOTORCYCLESである。コンパクト、かつ最小限のエクステリア、さらにフロントに装着されたナローフォークからもベースモデルであるファットボーイの面影は、もはやどこにも見当たらない。リアのディッシュホイールのみがファットボーイベースの証であろうか。では詳しくマシンを見てみよう。

 

ハイマウントされたマスタングタンクにミニマルなリアフェンダー、ラバーブッシュを介したサドルシートがハードな印象を醸し出している。オーナー中野さんのこだわりは攻撃的な前傾姿勢のポジションだという。ミッドハイに設置されたステップと、タイトなTバーで思い描いたポジションを入手。さらにロッカークラッチ&ジョッキーシフトのセッティングでチョッパーライクな操作性を実現。オープンプライマリーもベストマッチと言えるだろう。そして今一番気になっているパーツはコンパクトなSHORAIバッテリーだと最後に語って頂いた。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    ハイマウントされたマスタングタンクには定番のH-Dロゴがあしらわれている。エンジンハンガー部にはスイッチ類を機能的に配置している。

  • 写真

    ハイマウントのミッドステップを逃がすためマフラーはご覧の形状に。ブレーキはストックのフォワコンの位置のままだが、これがチョッパー。

  • 写真

    3インチのオープンプライマリーにロッカークラッチ、ジョッキーシフトというハードなセッティング。ベルト上にステップが配されている。