メイン画像

写真

ポップ、かつワイルド

栃木県足利市のイエローモーターサイクルの手によるスポーツスターカスタム。トラッカーテイストのこのマシンには、イエローらしさが溢れている。ハードなハーレーカスタムというイメージではなく、イエローの神髄はそのポップさにある。日本全国を探しても、この手のテイストを全面に押し出しているショップは他に見当たらない。そんなイエローが手掛けたマシンであるが、こちらのコンセプトは「不良っぽい感じ」だという。では詳しくディテイルをチェック!

 

国産パーツと思しきコンパクトなフューエルタンクから、シート、さらにカウルへと流れる直線的なラインがこのマシン最大のポイントであろう。さらにワンメイクされたシャープなオイルタンクが持つベアメタルの質感がコンセプトのイメージを表現している。そのオイルタンクの上に寝かされた状態で収められたバッテリーもポイントだ。ミリバーのシャープなロボハンもマシンの雰囲気にベストマッチ。さらにフロントブレーキやサポート、ヘッドライトバイザーやシートカウルに施されたドリルド加工でハードなイメージを際立たせている。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    潔いストレートラインのエッジが効いたフューエルタンクにはブラック&ホワイトで、どこか和を感じさせるペイントが施されている。

  • 写真

    溶接跡も荒々しいシャープなオイルタンク。エンジンのすぐ上に設置され、その上には、なんと寝かした状態でバッテリーが取り付けられている。

  • 写真

    タックロールタイプのまるでベンチのような薄いシート。アルミ製のシートカウルにはハードなリベット&スロッテッドがあしらわれている。