メイン画像

写真

他に類を見ないオリジナルポジション

エボリューションのヘリテイジをベースに徹底的に手が加えられた一台。ストックのソフテイルフレームにコンパクトな外装が取り付けられ、もはやベースモデルの面影はどこにも見当たらない。オープンプライマリーにノンロッカークラッチ&ジョッキーシフト、さらにフロントのスプリングフォークにキックペダルまで装着されたハードなチョッパーに姿を変えている。センターに取り回された2イン2のドラッグパイプも、ならではの雰囲気を醸し出している。

 

そして何よりも、このマシン最大のポイントはそのポジションにある。エイプバーにリジッドマウントのソロシートは定番と言えるものだが、個性的なのはそのステップ位置。フォワードハイステップと言えばいいのだろうか? マフラーサイドでは、まさにキャブレターのすぐ下にステップを設置。フォワードコントロールの取り付け位置から3本のリンクを介してステップが取り付けられている。そのうち1本はブレーキペダルのリンクである。そのポジションは体育座りのように膝が上がった過激なもの。もちろん、オーナー笠井さんのこだわりもこのポジションだ。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    マフラーサイドの過激なステップ。ブレーキのリンクも徹底的に考えられた形跡が見受けられる秀逸なもの。このポジションは痛快ですらある。

  • 写真

    オープンプライマリーにノンロッカークラッチ&ジョッキーシフトというハードなセッティング。こちらのステップ位置も過激極まりないもの。

  • 写真

    クロームのシートベースを介して取り付けられたソロシート。リアのリブフェンダーのストラットの固定はマニアックな蝶ネジが使われている。