メイン画像

写真

カラーリングの妙

「そのままでも十分にカッコイイので、スポーツスターのフォルムは崩さないようにタンクとシート、あとローダウンしただけです」と、そう話すオーナーの阿久津さん。しかも今のカタチで大満足なので、気になっているパーツなどは全くナシとのこと。阿久津さんにとっての、まさに “愛車” という存在と言えるだろう。TT&CO製のタックロールシートとリアに取り付けられたサドルバッグが、カスタムポイントといったところのマシンである。

 

そしてこの車両最大のこだわりは、カラーリングにあるという。太陽の光の下ではうっすらとしたブルーグレーメタリックのベースに赤のH-Dロゴが映え、夕暮れから夜にかけてはダークグレーメタリックに色調が変わるという。控え目ながらも上品、かつ見応えのあるカラーリングにペイントされている。クロームが眩しいソリッドな純正エアクリーナーカバーに、同じくクロームのリアローダウンサス、さらにマットブラックの純正マフラーとエクステリアのカラーリングのマッチングが何ともイイ雰囲気である。前後のキャストホイールもグッド!

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    オーナ?こだわりのグレーメタリックにペイントされたスポーツスタータンク。赤のH-Dロゴとの配色が最大のポイントと言えるだろう。

  • 写真

    良く手入れされていることが、外観からも伺えるスポーツスター1200モーター。純正の大型エアクリーナーカバーの存在感が、どこか誇らしげである。

  • 写真

    TT&CO製のタックロールシート。シャープ、かつタイトなフォルムであるが、その座り心地はすこぶる良好。定番スタイルのスタンダードモデル。