メイン画像

写真

ファクトリーチョッパーカスタム

1998年式のエボリューションダイナをベースとし、ファクトリーチョッパーテイストに製作されたご覧のマシン。エクステリアを彩るバーミリオンオレンジのカラーリングが、ならではの雰囲気を醸し出している。このマシンのこだわりポイントはこのカラーリングであり、オーナーのミヤさんのお気に入りポイントでもある。フューエルタンクに描かれた、初代ローライダーのタンクロゴをモチーフにしたH-Dロゴのマッチングも申し分ナシ!

 

ストレッチされたフロントフォークにエイプハンガー、さらにサスペンション付きのダイナフレームからFXWGワイドグライドを思わせるスタイリングに製作。しかしナローフォークが装着されているので、独自の雰囲気に仕上げられている。ポジションはダイナならではのミッドコントロールで比較的タイトなもの。タックロールタイプのソロシートと相まって操作性は良好であろう。DIYで製作されたと思われる荷物積載用の木製キャリアにも注目したい。フェンダーストラットに沿って固定され、シッシーバーの逃げ用に切りかきが入れられている。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    H-Dワークスカラーのバーミリオンオレンジをイメージしてペイントされたフューエルタンク。やはり、ハーレーにはこのカラーがよく似合う。

  • 写真

    1998年式のEVOモーター。EVOの最後期モデルゆえに、熟成が重ねられ信頼度は飛躍的にアップしている。エアクリーナーもストックだ。

  • 写真

    シンプルなタックロールタイプのソロシート。ゴムバンドで固定される木製のリアキャリアにはアイデアが満載で、オーナーの愛着が感じられる。