メイン画像

写真

族族するエボリューション

雑誌ホットバイクジャパン主催のミーティング「ラヴ&ピース&ライド」のボランティアスタッフとして協力いただいている赤山さん。彼の愛車のソフテイル、スゴイことになってます! オーナーのこだわりは「スプリングフォークにロケットカウルを合わせたところ」とのこと。しかし、この組み合わせというよりも、ロケットカウルのマウント位置にこそ、個性が炸裂している。計算の賜物かどうかは定かでないが、このスタイルは強烈のヒトコト!

 

ソフテイルフレームのメインチューブの延長線上に設置されたロケットカウルは問答無用のスタイリングを形成している。マスタングタンクにソロシート、フラットフェンダーへの流れなど、お構いなしの強気のモディファイである。センターに取り回された2in2のドラッグパイプも個性である。絞り込まれたハンドルバーにソフテイルカスタム純正のフォワードコントロールというポジションもオーナーにとっては自然なものなのだろう。この車両で島根県から長野県の志賀高原横手山山頂まで自走でやってきたわけだから。お疲れさまです!

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    ドメステックマシン汎用のロケットカウルに手を加え、この位置に装着。ヘッドライトの飛び出し具合など、計算なのかどうなのか、詳細は不明。

  • 写真

    ドッグボーンライザーをハの字型に開いて取り付けられたV字型のハンドルバー。マスタングタンクには同系色でフレイムスが描かれている。

  • 写真

    ストック状態のエボリューションモーター。キャブはS&Sのショーティが装着されている。ミラーの取り付け位置にも注目していただきたい。