メイン画像

写真

旅仕様のファットボーイ

北海道札幌市に住む馬場さんは、ラヴ&ピース&ライドのボランティアスタッフとしてイベントを強力にバックアップしてくれる、なくてはならない存在だ。スタッフの中でも名物キャラとしてみんなから慕われている馬場さんは、北海道からフェリーに乗って新潟へと渉り、そこから志賀高原の横手山山頂まで駆け付けてくれた。とにかくよく走る馬場さんの愛車は2000年式のファットボーイ。タフなツインカムをハードに、そして徹底的に使いこなすことが馬場さんの流儀と言える。

 

そんな馬場さんのファットボーイは、走ることに徹した車両として基本的にストック状態が保たれている。ストレスなく長距離を走るためには、やはりストックモデルが最も適しているという馬場さんの判断から、ご覧の状態で何年も乗り続けている。若干手前に倒し込まれたエイプハンガーが装着されてポジションのブラッシュアップが計られているが、大柄な馬場さんゆえ、ファットボーイを軽々と乗りこなす姿は壮観である。リアフェンダーにキャリアを設置し、キャンプ道具を積載したこのファットボーイで、今日もどこかで走っているに違いない。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    ストックの状態が保たれているツインカム88エンジン。初期のツインカムの特徴は現行モデルにはないパンチの効いた乗り味である。

  • 写真

    純正スクリーミンイーグルのスラッシュカットマフラーが取り付けられている。歯切れの良いエキゾーストノイズを轟かせる定番マフラー。

  • 写真

    リアキャリアに積載されたボックスに張り付けられたドラえもんのお面がトレードマーク。癒し系キャラの馬場さんならではの演出と言える。