メイン画像

50′s TTレーサー

写真

ハイドラグライドのファーストイヤーモデルである1949年式のFLをベースに製作されたコチラの車両。コンセプトはご覧の通り50′sスタイルの「TTレーサー」である。フロントフェンダーは取り外され、ポゴスティックタイプのソロシートに、カットリアフェンダーが取り付けられている。ストリームライナーシリーズのタンクエンブレムから、ハンサムスクリプトのネームプレートに変わっているところもポイントと言える。

 

フォークカバーが取り外されてフォークブーツに交換されたフロントエンドはストックモデルに比べて軽快な印象に仕上げられている。TTレーサーの定番であるスポーツハンドルバーではなく、アップハンドルが装着され、ストリートテイストを演出。事実、当時の実戦でもアップハンドルバーが取り付けられた車両も多かったという。コンパクトなハイドラグライドを、さらにタイトに仕上げたTTスタイル。チョッパーやカスタムマシンが多いA-DAYの駐車場でも一際個性を放っていた。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    ストックのフォークパネルからフォークブーツに交換されたフロントエンド。TTレーサー然とした軽快な印象に仕上げられている。

  • 写真

    外観から察するに、おそらくストック状態が保たれている排気量1200ccのパンヘッドモーター。オイルフィルターも雰囲気である。

  • 写真

    美しい曲線を描くフェンダーレールが見所となるリアエンド。取り付け部のジュエルにも注目。遊び心のある洒落たディテイルと言える。