メイン画像

EVOスポーツチョッパー

写真

1992年式のEVOスポーツをベースにチョッパーに仕立てられた安岡さんの愛車。コンパクトなベースモデルのフロントフォークを延長し、均整の取れたスタイリングを入手している。安岡さんがお気に入りだというブラウンベースのカスタムペイントも見所である。非常に難しいブラウンというカラーだか、とてもシックにまとめられている。このマシンはディテイルにもこだわりが隠されている。

 

まずはシート下のスペースに注目して頂きたい。本来であればオイルタンクが設置されているはずだが、そこにはないもない。オイルタンクはフューエルタンクの左サイドに移設され、シート下のスッキリ感が演出されているというわけだ。そしてフェンダーストラットからシッシーバーにかけて配されたアールデコ調の金属造型も非常に手が凝っている。マフラーの取り回しもシンプルだが個性的なものだ。EVOスポーツベースのマシンでこのスタイル、さらにここまで仕上げられたマシンに、そうはお目にかかれないだろう。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    一見するとこのマシン、EVOスポーツベースの車両だとは思えないはず。しかしコンパクトなこのユニットだからこそのスタイリングとも言える。

  • 写真

    フューエルタンクの左サイドに設置されたオイルタンク。雰囲気を重視した布巻きホースもポイントである。カスタムペイントも見応え十分。

  • 写真

    大きく手前にベントしたラビットハンドルは操作性抜群。ブレーキ&クラッチレバーはショベルヘッド時代のタイプが取り付けられている。