メイン画像

DIYアイアンチョッパー

写真

オーナーの中村さん曰く「会社でコツコツ作りました」というDIYチョッパー。1976XLCHをベースに仕上げられた一台である。純正Kフレーム&リジッドバーの組み合わせはアイアンチョッパーの定番と言えるだろう。エンジン/ミッションが一体式のコンパクトなショベルスポーツユニットはチョッパー製作に最適。さらにそのパルシブな乗り味から人気の高いモデルである。では中村さんの愛車のディテイルを見て行こう。

 

リブが立てられたエッグタンクにカットされたリブフェンダー、ダイレクトマウントのサドルシートがハードなイメージを醸し出している。ペイントはシンプルなソリッドブラック。フューエルタンクの上面にはリブに沿ってH-Dのロゴがレタリングされている。リアフェンダーに描かれたフレイムス風のピンラインもアクセントとなっている。二段ライザーに取り付けられたタイトなストレートバーの凝縮感もこだわりである。中村さんの愛車のお気に入りポイントはこの「小ささ」だという。今後はシッシーバーを製作予定とのこと。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    シンプルなリブフェンダーにサイドマウントされたナンバー&テールライト。サドルシートはスプリングを排したダイレクトマウント。

  • 写真

    非対称のリブがアクセントとなっているエッグタンク。ソリッドブラックのベースにシンプルなH-Dロゴのみレタリングされている。

  • 写真

    二段ライザー&ショートストレートバーでギュッと詰まったハンドル周り。ブレーキ&クラッチレバーがライザーの内側に取り付けられている。