メイン画像

ボルトオンハードテイル

写真

兵庫県加古川市に居を構えるカスタムショップ「LUCKYS CYCLE SUPPLY」の手により製作された1968 年式のXLCHが高橋さんの愛車。女性オーナーならではの悩みである車両の取り回しやライディングを考えて、「女性でも問題なく乗れるように小さくして欲しい」という高橋さんのオーダーを具現化。ベースとなったマシンはH-Dラインナップの中でも随一のコンパクトさを誇るショベルスポーツだ。

 

純正Kフレーム&ボルトオンハードテイルという基本骨格にハイマウントされたピーナッツタンク、カチ上げショートフェンダーが取り付けられている。シートはリジッドマウントとされハードテイルと相まって、かなりハードなセッティングと言える。点火は純正フェアバンクス、もちろんキックスタートオンリーだ。高橋さんのお気に入りはカチ上げられたマフラーとピーナッツタンクだという。コンセプト通りのコンパクトなマシンに仕上げられているが、まさか女性オーナーの車両とは、にわかに信じ難い内容である。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    四輪用のスポットをヘッドライトに流用。イエローレンズが雰囲気である。フォークはマニアックな純正33.4mmが取り付けられている。

  • 写真

    アイボリーのベースにオレンジのフレイムスがあしらわれたピーナッツタンク。ゴールドのピンラインとエイジング加工がポイント。

  • 写真

    排気量900ccのショベルスポーツユニット。コンパクトかつ、そのパルシブな乗り味から熱狂的なファンの多いエンジンと言えるだろう。