メイン画像

95周年アニバーサリー

写真

H-D95周年モデルのスプリンガーソフテイルが笠原さんの愛車である。発売から早くも14年が過ぎる車両であるが、まるで新車のような輝きを保っているから驚かされる。このことからもオーナーが愛車にかける思いを容易に想像することができるだろう。一世代前のエボリューションエンジンを搭載したモデルだが、ニューモデルに引けを取らない魅力に満ち溢れいてる。では車両のポイントを見て行こう。

 

ピカピカに磨き上げられたエボリューションエンジンにコンパクトなSUのエアクリーナーが取り付けられ、マフラーには左右振り分けのフィッシュテールをチョイス。フリンジ付きのサドルバッグもマシンの雰囲気によくマッチしている。そして特徴的なのは、天を貫くようなスカイハイバーである。このハンドルバーにより、マシンの方向性が決定付けられているとも言えるだろう。それほどに個性的なバーだ。そして純正ブラウンベースのカラーリングが落ち着いた印象を醸し出している。95周年のアニバーサリーエンブレムが誇らしげである。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    三連ライトが個性的なフロントエンド。定番の顔ではあるが、やはりハーレーのビッグツインモデルにはこれくらいの迫力が欲しい。

  • 写真

    とても14年前のモデルには見えない美しいフューエルタンク。少し紫かかったブラウンベースにアイボリーのアクセントとエンブレムが粋。

  • 写真

    エボリューションエンジンもご覧のようにピカピカに磨き上げられている。このコンディションは現行ツインカムの新車以上!?