メイン画像

Crazy frank

写真

1980年式のFXEFをベースに手が加えられた渡辺さんの愛機。とかくチョッパーには敬遠されがちなストックのサスペンション付き4速フレームを使いながらも、うまくまとめあげられている。このガレージチョッパー然とした雰囲気は、ならではのものである。ショベルヘッドが持つ荒々しい乗り味やテイストとこのスタイルはうまくマッチしていると言えるだろう。では車両のポイントを見て行こう。

 

渡辺さんのこだわりは、なんと言ってもリアエンドに尽きる。Crazy frankのシート&フェンダーが、車両の方向性を決定付けている。問答無用の存在感である。渡辺さんによると、シートはおそらくリジッドフレーム用とのことだが、この組み合わせもなかなか面白い。今現在はメッキタンクが取り付けられているが、今後はフェンダーと同じテイストで塗装を施したいと目論んでおられる様子。その他、Zバーにターンアウトマフラー、角パイプのシッシーバーなどが車両のポイントとなっている。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    ナローフォークのワイズに合わせて製作されたZバー。ホワイトのグリップがアクセントになっている。ヘッドライトバイザーもポイントだ。

  • 写真

    S&S Eキャブが取り付けられたショベルヘッド。エアクリーナーレスのシンプル極まりないこのルックスが、チョッパーにはベスト!

  • 写真

    この車両最大の見所がCrazy frankのシート&フェンダーが取り付けられたリアエンド。オリジナルペイントも実にイイ雰囲気を保っている。