メイン画像

セブンティーズチョッパー

写真

2012ホットロッドカスタムショーの地下駐車場に停められていたセブンティーズチョッパー。1971年式のFLショベルヘッドをベースにIM FACTORYの手により製作されたロングフォークである。オーナー藤田さんによると、キャンプの時に荷物をいっぱい載せられるシートがこだわりポイントだという。キャンプ道具が似合うこんなチョッパーで出かけるキャンプツーリングは、また格別なものであろう。

 

ロングフォーク&後ろ下がりのスタイリング、プルバックバーにキング&クイーンシートの組み合わせも王道中の王道である。しかしこのマシンに凡庸さを微塵も感じないのは、サス付きの4速フレームを使っていることに起因する。このあたりにIM FACTORYの手腕が発揮されている。前後のインベーダーホイールもベストチョイス。フューエルタンクのレースペイントもいい雰囲気である。ちなみに今現在、藤田さんが気になっているパーツはシックスベントバーだという。このマシンにはベストな選択なのではないでしょうか!

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    プライマリーは定番のオープンタイプ。ステップは操作性の高いミッドコントロールとされる。バレル型のオイルタンクもポイントとなっている。

  • 写真

    1971年式のショベルヘッドモーターにFCRをセットアップ。エアクリーナーはラウンドタイプ、マフラーはドラッグパイプが装着されている。

  • 写真

    ブラックベースにブルーのグラデーションフェイドでレースペイントが施されているタンク。セブンティーズテイスト溢れるディテイルである。