メイン画像

ド級のファットボーイ

写真

昨年秋にパシフィコ横浜で開催されたクールブレイカーの地下駐車場に止められていたド級のカスタムマシン。茨城県のワンストリートが製作した渾身の車両である。ベースは1992年式のファットボーイだというが、その面影は皆無。流用されているのはエンジン&ミッションのみと言える作り込みである。Rebuffini製スイングアームとエアサスを使ったフレームによる着地がオーナー大宮さんのお気に入りだという。

 

モールディングが施されたフューエルタンクもポイントであるが、何と言っても見所はフレームリアセクションと一体化されたオイルタンクとリアフェンダーの作り込みである。その他、エンジンを取り囲むように取り回されたマフラーやシャープなハンドルバー、前後のPM製ビレットホイールを筆頭に、各部にハイエンドパーツが装着されている。シルバーブルーベースのカスタムペイントも非常に手が凝っている。今後はフロントに26インチのホイールをインストールし、エアサス化を目論んでおられるご様子。行き着く所まで、ぜひ!

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    リアフェンダーに埋め込まれたシートにはパイソンレザーを選択。フレームとの徹底したモールディングで高い一体感を演出している。

  • 写真

    ULTIMA製のビレットドラッグレーススタイルのオープンプライマリーキットが迫力満点。この押しの強いデザインがポイントである。

  • 写真

    エルボータイプのサポートにクリアキンのハイパーチャージャーエアクリーナーを装着したモーター。スピードを予感させる迫力のディテイル。