メイン画像

コフィンタンク

写真

真っ黒にペイントされたコフィンタンクがアイコンとなるコチラのショベルチョッパー。1979年式のFXSショベルヘッドをベースに70年代テイストのチョッパーに仕上げられている。製作は横浜の地元に根づいたカスタムショップ、IM FACTORYが担当している。同店のテイストが色濃く反映されたマシンと言える。オーナー吉塚さんのお気に入りは70年代を象徴するコフィンタンクだ。

 

純正の4速フレームがベースであるが、リジッドバーが取り付けられハードテイルとされている。エクステンドされたフロントフォークとプルバックバー、そしてキング&クイーンシートでコンセプト通りの70年代チョッパーにフィニッシュ。シッシーバーに沿うように設置されたこのシートのフォルムがまた個性的である。スタイリングとしてバランスさせることが難しいと思われる奇抜なシェイプであるが、さすがはIM FACTORY、見事に車両の個性として成立させている。百戦錬磨のカスタムショップならではの経験に裏打ちされたセンスの賜である。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    オーナーお気に入りのコフィンタンク。この車両の生命線とも言えるキーアイテムである。ソリッド極まりないブラックのカラーリングも◎。

  • 写真

    S&Sショーティが取り付けられたショベルユニット。整備が行き届いたこの外観からも完調が伺える。ツインプラグのヘッドにも注目だ!

  • 写真

    クロームが施された丸型スイングアームにはリジッドバーが取り付けられハードテイル化。ブレーキキャリパーは定番のグリメカをチョイス。