メイン画像

最小ビューエル

写真

昨年末のヨコハマホットロッドカスタムショーの駐車場で見つけた1999BUELL X-1。とにかくこのコンパクトな車体にまず目を奪われる。カスタムのコンセプトはズバリ「コンパクト!」。マスの集中化が計られたタイトなBUELLにさらなるブラッシュアップが施されている。手掛けたのはご存知、ホットドック。あのホットドックがBUELLを扱うのは意外であるが、同店のクオリティ&パフォーマンスの謳い文句のもと、丁寧な仕事が確認できる。

 

まずこのマシンのポイントは最小限のシートであろう。単純にタンクと大きさを比べれば、とても不釣り合いなサイズのシートであるが、全体としては見事にバランス取りされている。さすがホットドックの仕事である。ライダーが跨れば完全に隠れてしまい、まるで宙に浮いているかのような印象を受ける極小サイズである。カラーリングも秀逸だ。パワーユニットを筆頭にエクステリアから前後のホイール、さらにフレーム&スイングアームまでブラックアウトすることで精悍な印象に仕上げられている。お見事!

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    マットブラックにペイントされたフューエルタンクにはホットドックが手掛けるアナザーレーベル、ナイトイエーガーのアイコンが配されている。

  • 写真

    キャブレターにはハイパフォーマンスキャブの代名詞的存在のFCRをチョイス。エアクリーナーには定番のS&Sティアドロップタイプを装備。

  • 写真

    極小のタックロールシートを囲むようにシートレールが設置されている。このシートの恩恵でこのマシンのコンパクト化が実現されていると言える。