メイン画像

古くさく、悪そうに

写真

去る04.21にポートメッセ名古屋で開催された「JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2013」の駐車場で撮影をお願いしたショベルボッバー。1974年式のショベルヘッドをベースにフリースタイルMCが手掛けた一台となっている。カスタムのコンセプトをオーナーの田中さんに聞くと「古くさく、悪そうに」と話していただいた。純正のサス付き4速フレームを使い、各ディテイルへのこだわりで、うまくコンセプト通りのマシンに仕上げられている。では詳しく見ていこう。

 

まず目につくのは絞り込まれたハンドルバーであろう。74スプリングフォークにマウントされたドッグボーンライザーを介し、ライダーに向かって絞り込まれたハンドルバーはディガーライクな形状をしている。さらにカチ上げられたアップスイープのトランペットマフラーも「悪」を感じさせるディテイルと言える。サドルシートに打ち込まれたスタッズも然り。キャブは定番のBキャブ+ファンネル、プライマリーはあえてストックのクローズドのまま。ブラックベースにアイボリーのピンラインが描かれたエクステリアもイイ雰囲気である。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    フューエルタンクのラインとシンクロするかのごとく絞りこまれたハンドルバー。メーターダッシュはキャッツアイ、ヘッドライトのリブにも注目。

  • 写真

    上質な極厚レザーを使ったサドルシートには真鍮製のスタッズが打ち込まれている。大きさの違うスタッズの配置で独自のデザインを構築している。

  • 写真

    よく手入れされていることが外観からも伺える1974年式のショベルモーター。キャブレターはS&S製のB+ファンネルのセッティング。